Dorari Note
Home 音楽制作 タイ旅行記 ヘリクツの技術 コラム
サイト情報 不動産投資 バリ旅行記 いろいろ 日記
いろいろ
いろいろ
Selection


2010/10/24 v1.0 温かいものと冷たいものの袋詰めの目安

温かいものと冷たいものの袋詰めの目安

コンビニなどで店と客がトラブルになりがちな事例として、 「温かいものと冷たいものを一緒の袋に入れるかどうか」というのがあります。 それについて、問題分析と解決方法を考察してみました。

■現状分析

コンビニの商品には、温かいものと冷たいものがあります。 それを1つの袋に入れるのか、分けるのか、ということについて、 色々な議論があると思います。

私はこれを主に以下の3つに問題に分けて考えてみました。

  • 購入商品への影響の問題
  • レジ袋節約の問題
  • 店員の接客方法の問題

●購入商品への影響の問題

やはり最も問題なのはこれでしょう。 温かいものと冷たいものを一緒にすれば、熱移動をおこし、 温かいものは冷え、冷たいものは温まってしまいます。

せっかくの温かい肉まんやフライドチキンが冷えてしまったり、 逆に冷たい缶ビールが温まって泡泡になってしまったり、 アイスが溶けてしまったり… といった具体的被害が発生するわけです。

●レジ袋節約の問題

半面、レジ袋を分けるとそれだけ資源を多く使用することになるとして、 環境によろしくないという意見もあります。 (環境への効果のほどは別として)レジ袋削減というのが 世の中の一つの流れになっています。

また、店としてはレジ袋は少ないほうが経費を節約できるという 事情もあります。

●店員の接客方法の問題

基本的には、「温かいものと冷たいものを別にしますか?」とか、 「一緒でよろしいですか?」とか店員が聞いてくることが多いと思いますが、 無言で温かいものと冷たいものを一緒に入れてしまう店員も 少なからず存在しています。

客としては、店員の無配慮な態度に気分を害することがあるかもしれません。

■解決方法

では、一体どうすればベターなのでしょうか? それは、以下を満たすような「袋詰めの目安」を持つことだと考えています。

  • 商品に害のない形で
  • 袋は減らす方向で
  • 客が気分を害さないように

●「温かさ」と「同居可能性」

コンビニを例に、「温かさ」と「同居可能性」いう観点で、 商品を以下の3つのグループ(ABC)に分けてみます。

  • 【A】温かいもの
    • ホット飲料(温かい缶コーヒーなど)
    • ホットスナック(肉まん、フライドチキンなど)
    • 温めたお弁当
  • 【B】温かいものと触れても影響が小さいもの
    • 温めていないお弁当
    • サンドイッチ、おにぎりなど
    • スナック菓子(チョコレート系以外)
    • カップめん
    • 本など食べ物以外
  • 【C】温かいものと触れると被害が出るもの
    • コールド飲料(冷たい缶コーヒーなど)
    • アイス、氷
    • 冷蔵系スイーツ(プリンやケーキなど)
    • チョコレート系の菓子(溶けるので)

●袋詰めの目安(解決方法)

上記を踏まえつつ、解決方法として、 袋詰めの目安を以下のように導きだしてみました。

  • AとCを一緒にすることはNGなので、原則として袋を分ける
    (ただし、AとCが直接触れ合わないように、 間にBをはさむことが可能な場合に限り、1つの袋でも可)
  • AとBは一応一緒にすることが可能だが、店員は客に一言かけるべし
  • BとCは一緒にすることが可能

■まとめ

いかがでしょうか?

こういう目安を持って袋詰めすれば、 レジでのトラブルが減ってスムーズになるのではないかな〜と思います(^o^)/




ページトップへ


スポンサードリンク


特設リンク
注目記事
Selection
プロフィール
  • HN:どらり
  • 横浜在住の作曲家大家さん。30代でサラリーマンを引退し、AKB等の作曲、アパート5棟の経営、不動産スクールの講師等を行う。宅地建物取引士。元セキュリティエンジニア。
  • 詳細プロフィール
  • メディア掲載情報
つぶやき