Dorari Note
Home 音楽制作 タイ旅行記 ヘリクツの技術 コラム
サイト情報 不動産投資 バリ旅行記 いろいろ 日記
ヘリクツの技術
はじめに
まぐまぐ
バックナンバー
Selection


【ヘリクツの技術 Vol.120】●回答踏み台
○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△
2008/06/08号(毎週月曜発行)

@〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜@
 &%@$☆?&%@$☆?&%@$☆?&%@$☆?&%@$☆?&%@$


 【ヘリクツの技術 Vol.120】●回答踏み台


 %@$☆?&%@$☆?&%@$☆?&%@$☆?&%@$☆?&%@$&
@〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜@

前号の発行部数:978部
バックナンバー:http://archive.mag2.com/0000187291/
お友達へ教える:http://www.mag2.com/m/0000187291.html
発行者のサイト:http://www.dorari.jp/herikutsu/



○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△
△
■ごあいさつ


こんにちは、どらりです。

全国的に梅雨入りしましたね〜。今年は例年より早いようです。。。その分早く
夏が来るといいんですが(^_^;


それでは本日のヘリクツをどうぞ。



○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△
△
■本日のヘリクツ ●回答踏み台


さて、本日のヘリクツは「回答踏み台」です。

この技は、相手の回答を踏み台にして攻撃する、という技です。
これにより、反撃されにくい主張を行うことが可能となります。


一般的に、論理的な主張は、

 「前提」→「結論」

という形になっています。

で、この「前提」の部分を、相手に言わせてから、自分の主張を展開する、とい
うのが今回の技です。

そのために、どうするかというと、「言わせたい前提」が「回答」となるような
「単純で誘導的な質問」を行います。これにより相手に自分の望む回答をさせ、
それを踏み台に主張を展開するというわけです。


といっても分かりにくいですので、例をみてみましょう。


 A君「おいB、先週貸した1000円返して」

 B君「まぁ待て。最近、現金輸送車襲撃の事件があったけど、お前こういうの
    どう思う?」

 A君「は? どうって?」

 B君「犯人は金に困って…と供述しているわけだが、そもそも、
    ●金があったからといって、人生の問題が全て解決すると思う?」

 A君「んー、●しないだろうな」

 B君「そう、●君の言う通り、金は問題じゃないんだよね」

 A君「はぁ」

 B君「つまり●金を返しても問題は解決しないと。じゃあな」

 A君「ちょっ・・・待っ・・・・・」


はい、どうでしょう(^^;

B君は、A君に「人生の問題は金で解決しない」という回答をさせておき、それ
を踏み台にして「つまり借金など問題ではない」といった主張をしています。


前説明でも述べましたが、ポイントは、


 ●相手の回答を踏み台に、主張を展開している


ところです。

相手にしてみれば、


 ●自分の口から言ったことをベースにされているので、反撃しにくい


というわけです(笑


とっさに使うにはちょっと難しいかもしれませんが、スタイルの一つとして覚え
ておくと役に立つかもしれません(^o^)/



○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△
△
■本日のまとめ


 ●単純で誘導的な質問を行い、相手の回答を踏み台に、自分の主張を展開する



○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△
△
■編集後記


秋葉原で通り魔事件が起きましたね。

近年のこういった無差別殺傷事件の傾向を見ていると、加害者は特に生活に困窮
しているわけでもないのに、精神的なストレス等が原因となって事件を引き起こ
していることが増えているように感じます。

もちろん犯罪はいけないことですが、その背景に目を向けてみると、現代社会は
物質的には豊かになったけれども、精神的には生きづらい世の中になっているの
かもしれないな〜、などと思う今日この頃です。。。


今週も読んで頂きありがとうございます。また来週☆



○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△
△
■発行情報


★登録・解除
・ヘリクツの技術
 http://www.mag2.com/m/0000187291.html
 ※登録・解除の作業はご自身でお願いいたします。


★バックナンバー
・ヘリクツの技術 バックナンバー
 http://archive.mag2.com/0000187291/
 ※こちらでも読めます↓(インデックスが一覧できます)
 http://www.dorari.jp/herikutsu/


★発行者情報
・発行者:どらり(Dorari)
・E-Mail:info@dorari.jp
・サイト:http://www.dorari.jp/


★その他
・ご意見、ご感想など、お気軽にお寄せください☆
・相互紹介ポリシーはこちら↓
 http://www.dorari.jp/herikutsu/sougoshoukai/
・当メルマガのコンテンツについて、無断転載・無断使用等はご遠慮ください。


 Copyright (C) 2006-2008 Dorari, All right reserved.

○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△









ページトップへ


スポンサードリンク


特設リンク
注目記事
Selection
プロフィール
  • HN:どらり
  • 横浜在住の作曲家大家さん。30代でサラリーマンを引退し、AKB等の作曲、アパート5棟の経営、不動産スクールの講師等を行う。宅地建物取引士。元セキュリティエンジニア。
  • 詳細プロフィール
  • メディア掲載情報
つぶやき