Dorari Note
Home 音楽制作 タイ旅行記 ヘリクツの技術 コラム
サイト情報 不動産投資 バリ旅行記 いろいろ 日記
ヘリクツの技術
はじめに
まぐまぐ
バックナンバー
Selection


【ヘリクツの技術 Vol.095】●問題ではない
○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△
2007/12/17号(毎週月曜発行)

@〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜@
 &%@$☆?&%@$☆?&%@$☆?&%@$☆?&%@$☆?&%@$


 【ヘリクツの技術 Vol.095】●問題ではない


 %@$☆?&%@$☆?&%@$☆?&%@$☆?&%@$☆?&%@$&
@〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜@

前号の発行部数:706部
バックナンバー:http://blog.mag2.com/m/log/0000187291
お友達へ教える:http://www.mag2.com/m/0000187291.html
発行者のサイト:http://www.dorari.jp/herikutsu/



○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△
△
■ごあいさつ


こんにちは、どらりです。

年の瀬も迫ってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか〜(^_^


それでは本日のヘリクツをどうぞ。



○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△
△
■本日のヘリクツ ●問題ではない


さて、本日のヘリクツは「問題ではない」です。

この技は、相手が何か言ってきたときに、


 ●「それは問題ではない」とかわす


という技です。

「問題を認める」(Vol.091)とは反対の技ですね〜

これにより、相手をお手軽に煙に巻くことが可能となります。


早速、例をみてみましょう。


 A君「おいB、先週貸した1000円返して」

 B君「今は返さん」

 A君「じゃぁいつ返すんだ」

 B君「いつ返すかは●問題ではない」

 A君「は? お前踏み倒すつもりか?」

 B君「踏み倒すかどうかは●問題ではない」

 A君「じゃぁ何が問題なんだよ!」

 B君「何が問題なのかは●問題ではない」

 A君「・・・・・」


はい、どうでしょう(^^;

ポイントとしては、


 ●問題だろうがなかろうが「それは問題ではない」と片付ける


ということです。

相手が主張する論点自体を「認めない」ために、話が成立しなくなるわけです。


事なかれ主義のお役人的ヘリクツと言えるかもしれませんね(^o^;



○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△
△
■本日のまとめ


 ●問題だろうがなかろうが「それは問題ではない」と片付ける



○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△
△
■編集後記


2007年ももうすぐ終わりですね。皆さん年賀状はもう出されましたか。私はまだ
です。そんなに枚数書かないのに、いつもギリギリ。いかんですなぁ(^_^;


今週も読んで頂きありがとうございます。また来週☆



○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△
△
■発行情報


☆登録・解除
【ヘリクツの技術】
http://www.mag2.com/m/0000187291.html
※登録・解除の作業はご自身でお願いいたします。


☆バックナンバー
【ヘリクツの技術 バックナンバー】
http://blog.mag2.com/m/log/0000187291
こちらでも読めます↓
http://www.dorari.jp/herikutsu/


発行者:どらり(Dorari)
E-Mail:info@dorari.jp
サイト:http://www.dorari.jp/


※ご意見、ご感想など、お気軽にお寄せください☆


※当メルマガのコンテンツについて、無断転載・無断使用等はご遠慮ください。

 Copyright (C) 2006-2007 Dorari, All right reserved.


○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△○□△








ページトップへ


スポンサードリンク


特設リンク
注目記事
Selection
プロフィール
  • HN:どらり
  • 横浜在住の作曲家大家さん。30代でサラリーマンを引退し、AKB等の作曲、アパート5棟の経営、不動産スクールの講師等を行う。宅地建物取引士。元セキュリティエンジニア。
  • 詳細プロフィール
  • メディア掲載情報
つぶやき